理想の家を実現しよう

理想の家を実現しよう

理想の家を実現しよう 質が高くて信頼性のあるハウスメーカーに出会うことができれば、どんなに難しいと思われた間取りの家であったとしても必ず実現させてくれるはずです。
最初から出来上がっている新築を購入することも素敵なことではありますが、一緒に暮らしていく家族が理想的だと思えるような注文住宅を手に入れることができれば、一生の財産になることは間違いありません。

注文住宅の依頼を受け付けている会社は多数存在していますが、今一番人気が高いと言われているのは「アイダ設計」になります。
埼玉県さいたま市に本社を置く木造を中心としたハウスメーカーで、無理のない価格設定はもちろんのこと、ローコスト住宅を実現させながらアフターケアもしっかりと備わっているので非常におすすめです。

コストをできる限り抑えたいと希望するお客様に対しては、驚愕の888万円で注文住宅を建築してもらうこともできるので、担当スタッフとよく話し合ってから依頼するようにしていきましょう。

注文住宅を購入するときに土地代と建物代以外にはどんな費用が発生するのか

注文住宅を購入するときに土地代と建物代以外にはどんな費用が発生するのか 注文住宅の購入時にかかる費用を支払えるだけの資金を用意するときは、土地代や建物の建設費だけではなく、付帯工事費とその他の諸費用についても考慮にいれなければなりません。
付帯工事費とは、土地の状況や希望する建物の内容に応じて行われる追加工事の費用のことで、基礎の補強工事や土地の造成工事、解体作業などにかかるお金がここに含まれます。
諸費用は、一連の注文住宅取得の流れの中で発生する手数料や保険料のことで、法務局に対して行う登記代や契約書の印紙代、住宅ローンおよびつなぎ融資の事務手数料、火災保険料などが該当します。
また、引越し費用や住宅が完成するまでの仮住まいでの生活費、地鎮祭や上棟式などの開催費なども諸費用に含む場合があります。
注文住宅の購入経費全体に対しては、付帯工事費が約2割、諸費用は約1割が相場といわれています。
例えば、予算を4,000万円とした場合、単純に計算をすると付帯工事費は800万円、諸費用は全体で400万円となり、それなりにまとまった金額となることがわかります。

新着情報

◎2020/11/27

理想の家を実現しよう
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

注文住宅で可能なこと
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「住宅 理想」
に関連するツイート
Twitter